電車ゴッコ世界大会

2015年5月10日、神奈川県相模原市で「リニアに挑戦!電車ゴッコ世界大会」が開催され、寝台特急「北斗星」がその初代王者に輝いたそうだ。
2027年、リニア中央新幹線の駅が橋本駅付近に設けられる予定の相模原市。それに由来して開催された大会で、同市最大のお祭りである「相模原市民若葉祭り」の中で実施されたそうだ。主催する相模原市青年会議所によると、厳しいルールと判定に基づいて行われる、相模原発祥の正式な競技とのこと。
参加した車両は、東京と北海道を結ぶ寝台特急「北斗星」、相模原市に保存されているD52形蒸気機関車、相模原市を経由し横浜市と八王子市を結ぶ「横浜線」、フランスの高速鉄道「TGV」、ドーバー海峡をくぐりイギリスと大陸ヨーロッパを連絡する高速鉄道「ユーロスター」、スペインの高速鉄道「AVE」の6種類。世界から名車が集まっているところが「世界大会」なのだそうだ。
これらの車両を、「相模原ラブ」を基準に30以上の応募の中から選ばれた6チームが「運転」。鉄道の世界最高速度記録を持ち、将来は相模原市に停車する予定の超電導リニア「LO系」の性能に挑む形で競技が進められた。競技は大人と子どもの混成バトルとなり、リニアが誇る「技術性」「スピード性」「正確性」を競う形で3種目が行われた。「技術性」の競技では「大なわとび」、「スピード性」の競技では「早押しクイズ大会」、「正確性」の競技では「ビーチバレートス」が行われ、それぞれ接戦が繰り広げられたようだ。
この「電車ゴッコ」競技では「電車」を落としたり壊したりしてしまうと減点になるため、実はトップだったものの3位になってしまったチームもあったそうだ。
好天のもと大人から子どもまで参加して行われた相模原発祥の「電車ゴッコ世界大会」。これから毎年開催される恒例行事となるのだろうか。

http://www.imperialvalleyinternet.net/