空っぽの水槽

鹿児島県鹿児島市にある「かごしま水族館」のある水槽がネット上で話題になっている。
順路の最後にある「沈黙の海」と書かれた、何も生物が入っていない水槽。開館当初は話題になったものの、近年は「忘れられた水槽」となっていた。それがツイッターを通じて再び注目され、亡くなった初代館長が書いたメッセージが人々の心に届いている。
カツオなど黒潮に乗って回遊する魚の「黒潮大水槽」や、錦江湾の生き物たちを展示した「かごしまの海」の鑑賞を終えて出口に向かうと、壁に埋め込まれた小さな水槽があることに気付く。
縦130センチ、横110センチ、奥行き12センチの小さな青い水槽。1997年の開館当初から設置されていて、これまで何の生物も展示されてこなかった。水槽の隣には「青い海 なにもいない もう耳をふさぎたいほど」という言葉で始まる「沈黙の海」と書かれたメッセージが添えられている。
この水槽に触れたツイートは1万5000リツイートを超え、多くの反響を呼んでいるそうだ。
このメッセージは初代館長の吉田さんのもの。あまりの静けさに不気味ささえ感じる水槽。展示を考えたのも吉田さんだそうだ。
吉田さんは「生き物を見せるだけじゃなくて、海の環境問題について伝えたり、訴えることをやっていかなきゃいけない」と話していたそうだ。これがその水槽なのだ。
開館当初は女子高生を中心に水槽の前に20分ほど立ち尽くす人を良く見かけたそうだが、次第に立ち止まる人は少なくなったそうだ。
今回ツイッターで取り上げられたことで再び注目されることとなり、海を考えるきっかけとなっている。何もいない空っぽの水槽、人はそこに何を見るのだろうか?