東京国立博物館に刀ファン殺到?

東京国立博物館で5月12日から、国宝の太刀・三日月宗近が期間限定で公開されているそうだ。三日月宗近は刀擬人化ゲーム「刀剣乱舞」に登場し「おじいちゃん」の愛称で愛されているキャラクターで、以前から展示を熱望する声が上がっていたそうだ。
しかし、いざ公開となると「フラッシュをたいて撮影している人がいる」「ガラスに触る人がいる」など、ルールに反する行為が見受けられたと話題になった。「古語撮影禁止になるかも」と危惧する声もあるようだが、一方では「大げさに言い過ぎ」など、特に混乱もなく粛々と並んでいたという投稿も見られるという。
東京国立博物館の広報担当によると、開館前から短いながらも列ができており、現在も見るために数人が並んでいるとのこと。三日月宗近を見るまでは多少時間がかかり、十分時間をかけて見ることができないこともあるようだが、警備員が声をかけるなどしていることもあって特に大きな問題は起きていないそうだ。撮影禁止といった措置も今のところ取ることは考えていないという。
この三日月宗近の公開はゲームの影響などではなく、あくまで企画に沿ったものだという。タイミングよくゲームで若い女性の間で刀の擬人化ゲームが人気を集めていたため、博物館側としても思わぬ刀剣ファンが殺到した形となった。