松田優作の長女がCDデビュー

俳優の故・松田優作の長女が6月にCDデビューするそうだ。
エレクトロニックユニット「Young Juvenile Youth」のボーカルYuki。2012年から素性を明かさずにライブハウスなどで活動し、音楽ファンの間では”謎のシンガー”として話題になっていたそうだ。ミニアルバム「Animation」が6月3日に発売されることが決まり、正体を明かすことになったとのこと。
顔立ちは母で女優の松田美由紀にそっくり。兄の松田龍平、松田翔太も俳優として活躍する役者一家だが、Yukiさんは父親から音楽の才能を受け継いだようだ。
高校時代に3年間カナダに留学し、友人の影響で音楽制作や作詞を開始。その後、アメリカで2年間音楽や芸術を魔なんだそうだ。
ユニットは電子音楽家のJemapurとの男女デュオだそうだ。楽曲はYukiが作詞を担当し、英語と日本画が混ざった歌詞と透き通った歌声が特徴的とのこと。「iTunes」が注目のニューアーティストを紹介する企画で取り上げるなど、革新的なユニットとして活躍が期待されている。
家族も応援しており、「こんな妹がいて嬉しい」と話しているそうだ。才能ある一家というのも素晴らしいが、こうしたコメントから仲の良さがうかがえて何だか微笑ましい。