チリ産ワイン躍進

チリ産ワインの輸入量が2015年、王者フランス産を抜いて首位になったそうだ。「コストパフォーマンスが高い」との評価が消費者に定着しつつあり、日常的に楽しむワインとして広がっているようだ。
財務省が28日発表した貿易統計によると、ボトルワインの輸入量のうちチリ産は前年比18%増の5万1593キロリットル。フランス産の5万1519キロリットルを上回り、初めて首位になったという。チリ産の輸入量はこの10年で6倍超という勢いだ。
チリ大使館のミカエル・マルスカ商務参事官は「非常にうれしい。これからも政府としてサポートしていく」とコメントした。
「チリ産ワインは価格の割にしっかりした味、という認識が消費者に広がっている」と話すのは、輸入食材に強いスーパー「成城石井」のバイヤー、東海林慶さん。店頭では1000~2000円台が主流だが、約1500円の「アルマヴィーヴァ」なども人気だという。11月に解禁されるフランスの新酒「ボージョレ・ヌーヴォー」に倣い、南半球のチリで新酒が出る夏に「チリヌーヴォ」のフェアも開催しているという。
安くておいしいチリ産のワインが増えるのはうれしいが、フランス産ワインの産地としては思わぬライバルが出てきて焦っているのではないだろうか?フランス産のワインの今後の展開にも期待したい。

紹介状無し受診の負担、賛否両論

厚労省は来年度から、紹介状無しでの大病院受診について、5000円以上の追加負担を求めると方針を決めた。対象は高度な医療を提供できる大学病院等の「特定機能病院」などで、500床以上の病院となる見込みだという。
紹介状とは、「診療情報提供書」とも呼ばれる、医師が他の医師に患者を消化するために書く書類のことだ。紹介を受けた医師が迅速に診療できるように、患者の病名、診断結果、治療経過などが記される。
負担金制度は、患者が大病院に集中する状態を解消するための施策で、昨年5月には国民に広く負担を求める医療保険制度改革法が成立し、軽症の患者は地域の病院へ、治療が難しい患者な大病院へという分担促進のため、紹介状の無い患者に費用負担を求めることを改革法に追加した。
問題になっているのはこの金額である。5000円以上という額に世間は賛否両論となった。
賛成派はSNSで、もっと高くても良い、限りある専門医を大切にするためまずは身近なかかりつけ医にかかるべき、本当に大病院の受信が必要な患者の受診を優先できる、などと意見している。
一方反対派は、5000円すら払えない人は大病院に行くなという公的医療の門前払いである、患者を大病院から遠ざけ健康状態を悪化させることになる、などと意見している。
なお、近くに町医者がいない場合や、救急車で運ばれた場合などは負担金の対象外となる。また、日経新聞によると現在でも自主的に3000円程度の追加負担を求めている大病院もあるということだった。
個人的には賛成だ。大病院しかない場合は対象外になるなど、ある程度配慮されていて良いと思う。